頼れる弁護士の存在

弁護士をお願いすることで多くの場合複数回続く離婚調停に関する諸般の手続きを一任することが出来るだけでも時間的・心理的な負担が減ることになります。また、金銭面や親権で離婚調停が揉めた場合には法律の専門家として、お客様では気づきにくい離婚への切り札や代案を用意してくれることや、離婚を有利に進めるための証拠の取り方をアドバイスすることもありますし、時にはお客様や相手が何気なく残していたものを取り上げて離婚の根拠につなげていくこともあります。

離婚したい相手が便の立つ方で、離婚調停で言いくるめられる可能性がある場合でも、弁護士が対応することで伝えたいことを冷静に相手や調停員に伝えられるメリットも大きいです。調停では調停員の心証も話の流れに大きく関わってきます。そこでお客様が感情的になることが、不利に働くことも少なくありません。

DV中には離婚調停に弁護士がついたということで相手が自身の不利を悟り、あっさりお客様の希望通りの離婚に応じる、という事例もあります。特に相手側が世間体を重んじる場合やDVモラハラ不倫のような、裁判に入ると相手側が不利になる場合にこのような傾向が強くなります。相手側の性格も考慮して、必要であれば早期に離婚問題は弁護士へ相談することで離婚にかける無駄な時間と労力を減らしていく方が、お客様にとっては離婚後の幸せにつながると思います。