離婚によるトラブル

離婚調停で発生するトラブルとして、相手が話し合いの場である裁判所に出向かないため話が進まないことや、慰謝料養育費のような金銭面の折り合いがつかない場合、調停委員から婚姻継続を促される場合があります。

相手が話し合いの場に出向かない場合、調停の話し合いは出来なくなりますが、調停が不成立に終わると同時に離婚の裁判を申し立てることが可能になり、更に調停委員の心証が良くなく、「結婚を継続したいと思わない方の言い分は正しい」と判断された場合は離婚調停を申し出た側が有利になる「審判離婚」の判決が裁判所から下される場合もありますので、一概に悪いと言えない所もあります。

男女調停委員は基本的に公正な、第三者としての立場から離婚調停に入った夫婦の話を聞きます。離婚を申し出た側に問題があると判断した場合や、離婚をすることで双方のデメリットが大きいと判断した場合、離婚を回避するようにお互いを説得することもあります。この場合も調停は不成立という結果に終わることになります。調停が不成立に終わった時に離婚を望む場合には、裁判による離婚に移行することになります。

厄介なのは、双方が離婚に同意しているのに慰謝料や養育費等の金銭面での折り合いがつかない場合です。このような場合は離婚調停時から弁護士をお願いしておく方が良い場合が多いです。