気になる弁護士の費用

お金弁護士と契約するとなると、気になるのはお値段、費用のことになるでしょう。離婚後のことも考えたら、離婚調停に費用を余計にかけたくないと思うのは当然です。弁護士と契約を結ぶ前には相談することが可能です。弁護士会の方で料金が決められていて、基本的には30分5000円から相談を受け付けています。また、法テラスや市町村が主催する無料の法律相談もあります。最初に弁護士に離婚に関する相談をしてアドバイスと、後日正式に依頼をする可能性があると事前に話し合いをした上で調停に入り、その後揉めるような場合は正式に弁護士と契約する、という利用法も可能です。

弁護士の費用は着手金成功報酬の二つに分かれます。着手金は契約成立を示す報酬と考えたらわかりやすいと思います。成功報酬は文字通り、離婚調停が成立した場合に支払う費用で、離婚時に受け取る金額の大小で報酬額も変わることが一般的です。もし相手が調停の取り下げを希望したり調停が不成立に終わった時には支払いが不要になることもありますが、着手金は調停の取り下げや不成立に終わっても戻ってくることは少ないです。報酬とは別に、調停にかかる費用は別途実費で支払うことになります。

弁護士費用は契約時に話がありますし、お客様の事情を考慮し、分割での支払いも可能な弁護士事務所も多いです。離婚調停で揉める際の心理的・時間的負担が弁護士と契約する費用を上回ると予想されるなら、早めの段階で弁護士を上手に利用して離婚調停を有利に進め、離婚とその先にある幸せを選びましょう。


頼れる弁護士の存在

弁護士をお願いすることで多くの場合複数回続く離婚調停に関する諸般の手続きを一任することが出来るだけでも時間的・心理的な負担が減ることになります。また、金銭面や親権で離婚調停が揉めた場合には法律の専門家として、お客様では気づきにくい離婚への切り札や代案を用意してくれることや、離婚を有利に進めるための証拠の取り方をアドバイスすることもありますし、時にはお客様や相手が何気なく残していたものを取り上げて離婚の根拠につなげていくこともあります。

離婚したい相手が便の立つ方で、離婚調停で言いくるめられる可能性がある場合でも、弁護士が対応することで伝えたいことを冷静に相手や調停員に伝えられるメリットも大きいです。調停では調停員の心証も話の流れに大きく関わってきます。そこでお客様が感情的になることが、不利に働くことも少なくありません。

DV中には離婚調停に弁護士がついたということで相手が自身の不利を悟り、あっさりお客様の希望通りの離婚に応じる、という事例もあります。特に相手側が世間体を重んじる場合やDVモラハラ不倫のような、裁判に入ると相手側が不利になる場合にこのような傾向が強くなります。相手側の性格も考慮して、必要であれば早期に離婚問題は弁護士へ相談することで離婚にかける無駄な時間と労力を減らしていく方が、お客様にとっては離婚後の幸せにつながると思います。